SELF
HUNTER

自分探しコンサルテーション

0J2A4994.jpg

「汝自身を知りなさい」

ソクラテス

 

 生きにくさ、自信のなさ、やる気喪失、人間関係の困難、イライラ、物や人への依存、 不眠・・・

これらは心の底に押し込まれてきた本当の自分からあなたへのメッセージ。

「気づいてよ」「心が危ないよ」

 

深い自分探しを行う時がやってきたようです

 


 

人生に納得できていない、自分を好きではない、そうした気持ちは大抵「本当の自分を生きていない」ことが原因。この世の生命は全てそのものとして生きることで世の美しい調和に貢献するという重要な役割を果たして幸せに生きている。ではどうして人類は自然を破壊し、多くの人が不幸なのでしょう?

 

それは人生で最も重要である「深い自分探し」を行っていないから

 

自分探しとは古代から行われてきた、人間が人間として幸せに生きてゆく為の最も重要と言っても言い過ぎではない真理を追求する心の旅。悟りを開いてきた世界中の賢者達が「自己理解」の重要さを繰り返し言い残してきたように、深い自己理解は他者理解、世界の理解につながるのです。それを怠ってきたことで環境汚染、戦争、精神疾患の増加、といった世界中の様々な問題が引き起こり多くの人々を苦しめ続けているのです。

 

人間社会は人々の心の反映であり、全ての事象を発生させる思考の「種」はあなたの心の中にあるのです。

 

この世は論理的であることから、当然動植物、あなたも論理に従って生きています。そのため誰もが自然に持ち合わせる論理力と直感力を持って真理を理解しそれに沿って幸せに生きてゆくことが可能なのです。それを阻害し続けているのが恐怖に囚われた躾をされていないエゴ。人間の作り上げてきた自然からかけ離れた不公平で辻褄の合わない社会で生き延びる為に、論理を無視し自分中心さや幼稚な言動や思考を正当化させようと言い訳を繰り返し、人のせいにして、変わってゆくことにに伴う痛みを避けるよう必死なのです。自分を見失ってゆくのです。

このような世界の状況下、混乱や苦しみからの解放を求め自然にスピリチュアリティーが世界中で再流行しています。占い、瞑想、ヨガ、シャーマン、サイキック、気功、プラントメディシン・・・そうしたものはスピリチュアルに生きる(魂として生きる)方向性を定め、その道を歩むに必要な心体を整えてゆくには有用ですが、それらをより効果的に利用し人生を変えてゆくには、無意識に行ってきた今までの「生き方」を変える必要があるのです。

 

生き方を変えてゆくには、古代から悟りを開いてきた賢人らに共通する「自分との付き合い方」

を新しく身につけ、変わることを拒否する自分の中のブロックと向き合ってゆくことです。

 

世界中のスピリチュアリティーや宗教では、同様の目的(仏教で言う悟りの境地、他宗教では全ての元”神”との一体化)に人々を導くよう環境や文化に合わせ異なった方法がとられてきました。その共通の基盤となるものは日本ではまだ耳慣れない言葉ですが「永遠の哲学:Perennial Philosophy」と呼ばれ、例としては「真理は時間、空間を超えたところに在り、私たちは物質を超えた魂として全てと繋がっている、魂は不滅・・・」といったもの。残念ですが、多くの宗教や思想はその本質を失ってゆきました。物質主義(精神的なものより物質的なものがより重要であり、世の根本であるとした考え方)に人生を乗っ取られた人類の愚行による更なる世の分離が導く破滅を食い止めるにも、永遠の哲学の価値を見直してゆく時なのだと世界中で気付き始めています。

なぜなら永遠の哲学は、思考の矛盾をまっすぐにし、愛の繋がりの重要さに気づかせ、心を成長させ、論理的に神秘の理解を助け体験させ、世の美しい調和を取り戻してゆくよう導くからです。思考の矛盾や不明瞭さは好ましくない分離を促進させ、必ず破壊をもたらします。私は論理的に納得できないものは決して信じませんが、永遠の哲学は知れば知るほど最もつじつまの合った美しくパワフルなものだと体験から感じています。

 

 自分探しは一生をかけ行うもの。

 

自分を見つけてゆくという強い誓いを持ち、効果的なテクニックを身につけながら日々もたらされる挑戦に勇敢に賢く取り組み、愛を育て周りとの美しい繋がりを取り戻しながら、幼少時から無意識に身につけてきた幸せを妨害する様々なブロックや「自分ではない自分」を手放し真の自由を掴み、あなたの生まれ持った素晴らしい能力を発見し育て、世の美しい繁栄に貢献できる喜びを体験していって頂けたらと思っています。

 

~  Ryoko

 

 

特別企画

抽選で3名様に『無料メールセッション体験』受付中。

お申し込みはこちらから

セルフハンターとは

セルフハンターを日本語に訳すと「自身を狩りする者」という意味で、人生を変えてゆく為に本気で自分探しに挑むには、古代の狩人のような勇敢さ、賢明さ、直感力等が必要とされることから名付けました。その際に利用する「セルフハンティング」術は、「人生とは?自分とは?」とあなたと同様の疑問を持ち真理を求め悟りを開いたお釈迦様やソクラテス、クリシュナムルティー、キリスト、カール・ユング、といった古代からの世界中の賢者らの教えや生き方に共通する「自分との付き合い方」を現代人の自分探しにアレンジしたものです。

そうなのです、自分探しの延長は悟りの道でもあるのです。

tobias-van-schneider-86872.jpg