セルフハンター式自分探しとは

 

セルフハンターを日本語に訳すと「自身を狩りする者」という意味で、本気で自分探しに挑むには古代の狩人のような勇敢さ、賢明さ、直感力等が必要とされることから名付けられました。その際に利用する「セルフハンティング」術は、「人生とは?自分とは?」とあなたと同様の疑問を持ち永遠・不変の真理を求め悟りを開いたお釈迦様やソクラテス、クリシュナムルティー、キリスト、カール・ユング、エドガー・ケイシー、アインシュタイン、ルドルフ・シュタイナーといった古代からの世界中の賢者らの教えや生き方に共通する「自分との付き合い方」を現代人の自分探しにアレンジしたものです。そうなのです、自分探しの延長は悟りの道でもあるのです。

 私たちは生まれた時から社会に適応し安全に生きてゆくために、無意識に周りを必死でコピーして作り上げてきた「偽物の自分」を演じ、それぞれの過去の体験や躾けのできていないエゴによって作り上げられる妄想を信じながら生きています。

そうしているうちに、

本当の自分の存在を忘れ見失ってゆきます。

 こうして本来の自分から遠ざかりすぎると、やがて日々の生活の息苦しさ、自信のなさ、やる気の喪失、人間関係の困難さ、孤独感、切れやすさ、物や人への依存傾向、 摂食障害、不眠、感情をコントロールできない、ベッドから起き上がれない、といったネガティブな現象が現れます。これらは、「本当の自分」に目を向ける必要性を心の底に押し込まれてきた本当の自分があなたに訴えかけているのです。

 それを更に無視し続けることで、幸せを感じられないことは勿論、心身症や自殺願望、攻撃的さといったより深刻な問題へと発展してゆくことがあります。実は世界がひどく荒廃し多くの人が苦しんでいる大きな理由は、人生で最も重要であるはずの自分探しを怠ってきた結果と言っても過言ではないのです。

 では、どうしてあなたは簡単に本当の自分を

見つけられないのでしょうか?

それは、生まれてきてから周りから無意識に取り入れてきた信条やくせ、常識や過去の恐怖の経験といったものの影響から変化を恐れ、無意識の部分で本当の自分になってゆくことが幸せにつながると信じることができず、防衛本能が暴走し自分自身で変わることを妨害しているからです。無意識を意識化しブロックを見つけ自分の中のプログラムを書き換えるといったプロセスは勿論、同時にスピリチュアリティーへの論理的な理解を深めてゆくことで人生を変えることが可能になるということも世界中で証明され始めています。

 自分の中の無意識の妨害因子に立ち向かうことは想像以上に困難ですが、そのプロセスは新しく武術や楽器を学ぶようなもの。経験者の下で適切なガイダンスを得て、知識とスキルを身につけ、個人で、あるいはパートナーと日々のトレーニングを行ってゆくことで可能なのです。

 

セルフハンターのセッションでは

 

冷静な分析力、洞察力、精神力を強化しながら日本社会に適応する過程で押し殺してきた豊かな感情を思い出し、そのコントロール方法を身につけ、公平さや善悪を自分自身で見極める判断力を育成してゆくことで直感力も鋭敏にさせてゆきます。

実際、自分探しの過程で

サイキック能力が開花することも珍しくありません。

他者や自然を尊重する姿勢を深め、心の曇りをクリアにしてゆくことで個人の持って生まれた素晴らしい能力を発見し正しい方向に導いて育ててゆきます。

 この目的を達成してゆくためにはまず、「今の自分を徹底的に理解してゆく」ことが必要となり、特に変わることを阻害するブロックを自分の中に発見し対応してゆく「新しい自分との付き合い方」を身につけてゆくことに重点を置きます。それには自己理解を繰り返し行い続けながら通常は避けてきた

「触れたくない部分」に

勇敢に向き合ってゆくことが鍵となります。

 日本社会では、本音と建前といったように特にネガティブな感情や社会では受け入れられない願望等を他人から隠すことが徹底しており、 対応法を学ぶ機会もなくそうした感情や望みを闇に隠し続けることになります。突然切れてしまう、お酒を飲んで人格が変わる、といった行為はその結果なのです。また、心の闇の部分に目を向ける際、強烈な拒絶感、不快感といった体験をすることになりますが、変わりたいという気持ちが強く、自身の変化を体験してゆくことでこの不快感は消失してゆきます。

 変わってゆくには、安心して心を開くことが可能な環境を

確保することは必要不可欠です。

過去に誰かによって傷ついた経験のある人は、防衛本能が過敏に反応してしまいがちでなかなか他人に心を開くことができません。セルフハンターでは、日本では得ることの難い公平でリラックスできる環境を提供し、担当が深い愛情と強力な精神力、分析能力、直感をもってあなたをサポートしてゆきます。

 あなたの心の準備具合と意識レベル、スピリチュアルレベル、望みを確認し、現時点でのあなたの限界を見極めつつ適切なガイダンスを行うよう努めます。自分探しのプロセスは個人によって異なったものとなり、何か起こるのかは予測が難しく、旅には終わりはありませんが、どこまで深く旅を進めてゆくのかの決定権は常にあなたが持っていることを覚えておいて下さい。


コンサルテーション内容

 

  • セッションは認知行動療法的な側面にプラスし「永遠の哲学」*に基づいた論理的スピリチュアリティーの視点を利用し行われます。
  • 限られた時間で最大限のサポートを行う為にも愛を基にした「遠慮の無い」対応をしています。
  • 根本からの改善を目指しご自身で日々訓練を続けてゆける知識やインサイト、スキルを身につけていって頂くことを目的としています。
  • セッションでは、より心を開いて頂く為にも基本的に過度の敬語の利用を避けています。

*(『永遠の哲学』とは、真理は時間、空間を超え存在し、この世の全ては元々繋がっていて、魂は永遠のもの…といった古代からの世界中の優れた思想、哲学、宗教の基盤となるもの。参考:オルダス・ハクスレー著「永遠の哲学」

 

 

1.    自分探しサポート

·      オリエンテーション:

自分探しビギナーへの個人の状況に合わせた効果的な自分探しをアレンジ。

特に今の自分がどのように出来上がってきたのを探ります。あなたの全ての言動の根っこにある価値観、信条、常識は無意識に両親、友人、学校の先生、テレビといった今までの環境から取り入れてきたもの。無意識の意識化を始め、自分の力で考えて判断する力を育て始める為の内観法等を紹介します。

·      アジャストメント:

自分探しがうまくいかない人に効果的な自分探しを進めるための分析とプランニング。

特に自分探しを阻害する自分の中のブロックを探ります。変わることが困難なのは、過去のネガティブな記憶から今を判断し、今までと違うことや、一般常識から外れてしまいそうなことに恐怖を抱き防衛本能が無意識に暴走しあなたを守ろうとします。自分の中にあるそうした無意識の部分と対話を始め、言動の理由を理解しながら目的に合わせて納得させて変わってゆくよう自分で自分を誘導する力を育てます。

·      レベルアップ:

自分探しを長く続けている人に自分探しをより深める為のテクニック「セルフハント術」を身につけていくようガイドします。

例としては:感情の切り替えと利用法、心の闇との対話、心の中心に留まる、セルフヒーリング法、本当の自分からのメッセージの受け止め方、幼稚なエゴの躾け方、根拠のある自信の育て方、愛の理解と育成法、スピリチュアル理解等。

 

·      自分探し先生トレーニング(計画中):

自分探し上級者への先生になってゆくトレーニングプログラム。

 

2.    人生の危機相談

·      自殺願望解消相談

·      引きこもり相談

·      心の傷・立ち直り相談

·      ストレスマネージメント

·      憎しみの理解と許すプロセス

·      苦手(人・事柄)克服

·      被害妄想・強迫観念の解析と対策

·      その他

 

3.    海外暮らし相談

·      国際人になってゆくには?

·      国際恋愛・結婚希望者、悩み相談

·      海外で自分探し

·      その他

 

4.    人間関係相談(恋愛・友人・家族・職場・学校)

·      他人の理解方法

·      男心女心の徹底理解

·      よりよい男女関係を築いてゆくコツ

·      セックス理解

·      浮気理解

·      他者を支えたい

·      職場に馴染めない

·      友人ができない

·      その他

 

5.    スピリチュアルサポート

·      スピリチュアル分析:あなたのスピリチュアルレベルの分析とガイダンス(Skypeのみ)

·      ソウルメイト相談:出会うまで、出会ってからのガイダンス

·      波動リーディング:あなたの波動が作り出す幾何学模様をリーディング(Skypeのみ)

·      精霊メッセージ:理解の困難な精霊からのメッセージを解析

·      エンジェルトレーニング:天使が降りやすい美しく強い心を育て人を支えるようガイダンス

·      硬派スピリチュアルライフガイド:出家せずに日々の暮らしの中で悟りの道を歩みたい人へのサポート(厳しいです)

 

 

セッションは英語でも可能です。